CMOマーケティングレター #29

マーケティング関連情報をお届け

広告


【コラム】計測できるものだけで都合良く評価していないか?

計測してそれを管理、評価することは非常に重要である一方で、計測できないが管理すべきものも多くあり、それらの混在した中で決断を下さなければならない場面は多い


検索量6〜8倍のテーマをCMに Pinterest、ブランド広告第二弾

ニールセンのデータによると、日本国内の「Pinterest」利用者数は870万人。ことし5月のブランディング広告第一弾も後押しし、国内ユーザーの「Pinterest」内の検索量は2020年比で32%増となった。


Google 広告のキーワードマッチングの仕組みを変更、部分一致のコントロール性を向上へ

フレーズ一致と部分一致においても検索語句と文字列が一致するキーワードを優先するように 一致するキーワードがない場合、広告ランクに加えて「関連性を示すシグナル」を考慮するように


SEO


Google、モバイル検索に連続スクロールを導入。下位ページでもクリック率アップするかも

Google によれば、追加の情報が欲しいユーザーの多くは 4 ページ目までスクロールするそうです。 そんなわけで、4 ページ目までの連続スクロールになったようです。


Shopify/eコマース


【Shopify】サブスクリプション(定期購入)アプリを入れる前に、APIについて知っておきたいこと

  • 定期購入では、Shopify とアプリ側で明確に責任分担があります。

    • Shopify は「データの保存」と「サブスクリプションの請求処理」を行い、アプリは「請求の自動化(定期呼び出し)」と「インターフェース(UI)の提供」を担当する

  • アプリの機能あるいは価格以上に重要なのが、「情報漏えい等のリスクが少ないセキュアな実装になっているかどうか」だと思います。機能や価格と違って目に見えない部分なので、アプリを選定する際にはセキュアな実装になっているかどうか、FAQ やサポートに確認してみることをオススメします。


Eコマースについて最近考えていること 〜おもにShopifyについて


マーケティング


コトラー教授と星野リゾート代表、世界を変えるマーケティングとは(※動画)


「検索離れ」は本当? データから浮かび上がる若者の意外な検索行動

生活者の中でも若い人たちは、Twitter、Instgram、LINE、Youtubeといった便利なアプリを自在に使いこなす一方で、他にも無数のアプリをホッピングし、ブラウザ検索と行き来を繰り返すことで、思いがけない興味関心の対象と出会っている。


Shopify アプリストアは、巨大なビジネスエコシステムに:「もはや単なるeコマースプラットフォームではない」

  • レベニューシェアモデルの変更は、Shopifyソフトウェア業界の両面に影響を及ぼした。開発者はShopifyアプリを作成する、より大きな財務的な動機を持つようになった。

  • 一方で投資家は、Shopifyのプラットフォームで構築されたeコマースアプリを取得するため、多くの金額を支払うことが必要になった。


サイトのエンゲージメントをGAやタグマネで測定する5つの方法(前編)

  • スクロール距離(読了率)

  • 重要CTAは閲覧されたのか

  • フォームのエンゲージメント

  • Google翻訳の利用

  • アクセシビリティツールの利用

※後編|サイトのエンゲージメントを明日から改善させる3つのヒントとTIPS(後編)


データクリーンルームは「Cookieフリー時代」のマーケティングを変える

個人を特定せずにさまざまなデータ活用が可能なデータクリーンルームによって、「プラットフォーマーの持つ巨大な経済圏」を生かしたマーケティングができる モーメントを捉えたより良い顧客体験を創出し、ブランドのファンを増やせる 生活者のプライバシーは守られる


マーケターなら押さえておくべき。選ばれるブランドになるための新戦略「エボークトセット」とは?

ブランド認知活動では、一般的に“いかに認知を上げるか”という点が注目されがちですが、ただ知られるだけでなく、購買時に自分たちのブランドが想起されているのか、いないのか。この点が最も重要になります


元西友のプロマーケターがうなる、オーケーストアの差別化戦略

店舗は最大にして最強のメディア。そこをどう使うかがマーケティングコミュニケーションの一番の面白みであって、差別化のための要


街のケーキ屋さんがとった「有名パティシエ店」との差別化戦略 小さい店舗を最大限に活かしたWebマーケティングの思考法

マーケット自体を変えると、有名店とも戦える