CMOマーケティングレター #6

マーケティング関連情報をお届け

広告関連

●Google広告|ポリシーの更新: ショッピング広告でデジタル書籍を宣伝することはできなくなります

Google はショッピング広告でのデジタル書籍の宣伝を全世界でサポートしなくなります。

●Google広告|サイトワイド タグ設定のトラブルシューティング

自動タグ設定を有効にしている場合は、クリックの発生後にこれらのファーストパーティ Cookie で GCLID(「Google クリック ID」)と AUID(「広告主ユーザー ID」)のパラメータが保存されるようになります。これらの Cookie には、ユーザーの一意の ID またはユーザーをサイトに導いた広告クリックの一意の ID が保存されます。その後コンバージョン ページで同じタグが呼び出されると、保存された GCLID と AUID に基づいてコンバージョンが適切に測定されます。

●Google|FLoCとはなにか

●Apple Search Ads|Search tabキャンペーンを予約する

App Storeの「検索」タブで、おすすめのアプリケーションの一覧の最上位という目立つ場所に広告を表示することにより、認知度の向上と、アプリケーションのダウンロード数の増加につながる可能性を高めることができます


マーケティング全般

マーケティング上の認知に関して。

コストコが年4840円の会費を取る本質的な理由 収益構造の分解から見えてくる儲けのカラクリ

先日、コストコの2021年上期の決算が発表され、この会員の囲い込みビジネスの強さが、改めて明らかになった。

YouTubeにインターネットテレビの広告でもっと買い物しやすくなる新機能追加、Z世代をターゲットに

米国時間5月4日、YouTubeは広告主たちに、同社の動画プラットフォームで視聴者が買い物できる機能を予告的に紹介した。同社が近く導入するその新しい対話的機能は「ブランドエクステンション」と呼ばれ、広告主がそれを利用すると、動画の視聴者がボタンをクリックして画面に映っている商品の詳しい情報が得ることができる。

データ可視化において最も重要なスキルは何か

データ可視化とは、いわばデータから視覚表現への翻訳です。「日本語だけできる日本語学者」と「英語だけできる英語学者」がチームを組んでも翻訳ができない(そもそも意思疎通ができない)ように、特にチーム作業の際には「データ編集を誰が/どのように行うか」を意識する必要があります。

店頭販促もデータドリブンでPDCAが回せる!コニカミノルタに聞く、これからの販促の形

リアル店舗のデジタルトランスフォーメーションが進む中、未だアナログな部分が多く残っている店頭販促。勘と経験を頼りに行われてきた領域だが、最新技術を活用することでデータドリブンにPDCAが回せるようになっているという


SEO関連

Google公式FAQ 第2弾: コア ウェブ バイタルとページ エクスペリエンスに関して知っておきたい28の事実【SEO情報まとめ】

Google検索順位への反映が近いコア ウェブ バイタル(ページ エクスペリエンス指標)の重要情報が3つ、商品レビューに関するGoogle検索アルゴリズムアップデート、画像SEOの3つのポイント、Search Consoleで正規表現などなどなどなど、隅から隅までチェックしてほしい。

 ※関連

Core Web Vitals & Page Experience FAQs

Core Web Vitals & Page Experience FAQ V2.0

Googleのジョン・ミューラーが画像SEOのTIPSを共有